AmazonPrimeStudent 6ヶ月無料体験実施中!

これだけは聞いて欲しい!ミスチルの元気が出る名曲4選【初心者向け】

じっくり読むと2分

どうも、がんです

今回は ていねいに生きる × 音楽 がテーマということで、小学6年生にハマって以来ファンであるMr.Childrenの元気が出る名曲4選をご紹介します。

高校生の時通いの電車の中で毎日のように聞いていたミスチル、大学でも必ずカラオケでは歌っていました。

もう、ミスチルのイントロクイズなら最強だと思います。1秒で答えられる自信あります(笑)。

そんな感じで自分の人生にはいつもミスチルがあって、心の支えでした。今回はミスチルの曲を聞いたことがない!という人にも「これだけは聞いてほしい×100」みたいな曲をゴリゴリに紹介します!

 

終わりなき旅

ミスチルの名曲といえば、まずこれ。メロディはもちろん秀逸なんですけど、なんといっても歌詞が素晴らし過ぎる。

いいことばかりではないさ。でも次の扉をノックしよう。

もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅

このフレーズに僕が人生で何度も救われました。

また日本代表の長谷部選手も、試合前のルーティンとして終わりなき旅を聞いてるというのは有名な話。約7分ある曲なんですけど、これはヴォルフスブルク時代の長谷部選手の自宅からホームのスタジアムまでのバス移動の時間とほぼ一緒だったとか。

僕もセンター試験などの勝負事の前は必ずこの曲を聞いてました。本当に勇気づけられる一曲です。

彩り

「なんだか生きていてつらいなー」「つかれたなー」と思った時に聞いて欲しいのが、彩りです。

僕のした単純作業がこの世界をまわりまわって、

まだ出会ったこともない人の笑い顔を作っている

こんな素敵なフレーズがホッコリするメロディに乗っかってるんです。ミスチルの素晴らしさは「頑張れ!」「負けるな!」みたいなメッセージを前面に出すのではなく、人々の日常の動作や気持ちを汲み取って、優しい言葉で意味付けをするという所にあると思ってます。

この曲を聴くと、もっと日常を大事にしよう。広い世界を見過ぎずに、目の前にある日常を大事にしてみよう。それが何かしらの意味があったらいいじゃん。気楽にいこう。という具合に心が軽くなるんです。もう魔法ですね。

名もなき詩

こちらもミスチルを代表する名曲の1つ(全部名曲なんだけどね!)、名もなき詩。

あるがままの心で生きられぬ弱さを誰かの所為にして過ごしてる。

知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中でもがいてるなら、僕だってそうなんだ。

こんな歌詞をなんで書けるんだろう。自分らしく生きようぜ!じゃなくて、あるがままの心で生きるのは難しい、俺だってそうなんだぜって言ってくれる桜井さん、神やん。メロディももちろん素晴らしいのです。聴くしかないのです。

Tomorrow never knows

こちらはミスチルで1番のヒット曲となった、Tomorrow never knows。あまり売れた枚数で曲を語りたくないですが、この曲は本当に当時の人々の心を打ったんだと思います。

果てしない闇の向こうに Oh Oh  手を伸ばそう 

誰かのために生きてみても Oh  Oh  Tomorrow never knows 

心のまま僕はゆくのさ 誰も知ることのない明日へ

自分がミスチルにハマったきっかけが、この曲でした。小学生でたまたま親が持っていたAtomic heart でこの曲を聞いた時、もう衝撃が走りました。なんだこの曲は、なんだこの歌詞は。

誰かのために生きるんじゃない。心のままゆこう」この言葉は今でもずっと自分の心の中にあり続けています。

人生にミスチルあれ!

ミスチルは最高です。それはなぜか。記事の中でも書きましたが、ミスチルの曲はただ「頑張れ!」とか「自分らしくいこう!」といってるわけじゃないんです。

僕らが時々つまづく気持ち、どうしようもない状況、それを全て認めた上で、優しい言葉でそっと後押ししてくれるんです。それをボーカルの桜井さんは魂を込めて歌います。だから最高なんです。いつまでも心に残るんです。

まだミスチルを聞いたことがないという人、ぜひこの記事を読んだら聞いてみて欲しい。

 

みんなの人生にミスチルがあることを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です